香水の付け方

香水のビンを最初に開けたときのかぐわしい香りはだれでも胸のときめきをおぼえますよね。

しかし、香水のつけ方で、せっかくの匂いが変わってきてしまうこともありますので注意が必要です。

香水は、汗の匂いと混ざり合うとその香りがかわります。体につけるときは、まず、汗ばんでないとき、シャワーから出たてのときなど、お肌がきれいな体臭の無いときにつけたほうがよいようです。

よく、フランス人はお風呂に入らないから香水をつけるのだ、といわれますが、私たち日本人でも清潔な入浴直後の状態でつけたいものです。

いちばんのベストタイミングは、香らせたい20分から30分前がちょうど良いといわれています。

トップノートより、ミドルノートが香るくらいの時間に合わせてつけておくとよいことになります。


強くこすりつけたりしないのがポイントです。

つけ方のポイントは、パルファン(香水)は点、オー・ド・パルファンは線、オー・デ・コロンは面で、お肌を湿らせる程度につけるとよいとおもいます。


つけ方としては、わきの下などの汗をかきやすいところは成るたけ避けましょう。

ひじの内側は、体温が高く、良い感じで揮発します。体温の高い、大きな血管のあるところが、本来の香りが良く出るといいます。

また、体温の低い耳たぶは、あまり効果が出ません、耳の後ろや、首筋につけるのは大変効果的です。

また、肌にじかにつけるときは、直射日光の日焼けで、しみにならないように注意しましょう。

匂いが強い目の香水のつけ方としては、足首や、ひざの裏などの下半身につけると、香りが下から上に蒸発し、まろやかになっていきます。

また空中に噴霧して軽く浴びるという方法も良い方法です。

香水のつけ方は、あくまでも上品に、ほんのりと匂うが身上で、プンプン・は頂けません。

デートや、バカンス、オフィス、ディナー、そしてくつろぎの時と、いろんな場や時に応じてつけ方もつかい分けて、そのときそのときを楽しみましょう。

香水のつけすぎは逆効果だ!ということは是非覚えておきましょう。自分の感じている以上に周りには匂いが飛んでいくものなのです。
posted by かおる at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香水の使い方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36267961

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。