香水の基本的な付け方

元来、香水は宗教的な用途や薬用のものであつたが、現在では、楽しみやたしなみ として用いられている。

香料をアルコールに香料を溶かして作られる。

現在では無数のメーカー、ブランドがある。東洋人がもともと欧米に比較して体臭の少ない為か香水の使用量は未だ欧米ほどにはなってはいない。

日本の製品もあるが、殆どの人気香水は海外から輸入されている。

装飾品同様、定番のブランドがある一方で、新商品、季節限定商品が市場で注目されることも多い。

女優などが自分の名前を冠した商品やブランドを立ち上げることもある。

香水は付けた人間の体臭と混ざり合った香りが認識されるので、液体の香りそのものからは身に付けた際の香りを知ることはできない。

肌の酸性度、水分量、皮脂量が各人異なり、皮膚を構成するタンパク質の末端のアミノ酸も違うので同じ香水を付けても香りに個人差がでる。

またその香りも時間がたつにつれて変化する。その変化のしかたや早さは、香水の濃度や種類によってさまざまである。

揮発性を利用することから、一般的には体温の高い脈打つ場所につけるのが効果的。特にひじの内側につけると皮膚温が高く、動作のある為、効率よく揮発する。

また香りの変化や持ち・目的に合わせてつける場所も変えるべきで。

耳の後ろや首筋などの鼻に近い場所につけると強く、鼻から遠い場所につけると香りが弱く感じられる。またハンカチや衣服につける場合もあるが製品によりよるシミができることがあるので注意が必要となる。
posted by かおる at 21:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | 香水の使い方
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。