香水をつける場所

香水をちょっと変わったところにつけてみませんか?

まずは足首。

足首は鼻から遠いので、少々つよい香りもまろやかになって香るのでつけ過ぎでも大丈夫な場所です。

それに足は体温が高すぎないので、香りも長持ちします。

また歩く時に香るので、さりげなくおしゃれに香ります。

アキレス腱の内側につけると、歩くたびにやさしく香りが立ち上ります。つけ直すときなども、ここにつけると良いでしょう。

次に腰。
身体の前につけるのではなく、後ろにつけるので、すれ違いざまに香るので、香水が苦手な人にも好印象を与えるます。

肌が露出している部分よりもほのかに香ります。

それから髪。髪の長い人にとくにお薦めです。毛先が動くたびに香ります。

すれ違いざまや、髪をかきあげた時、抱きしめられた時などに、ふわっと香ります。

デートのときに試してみてはいかがでしょうか?それに髪は匂いを閉じ込めやすいので、香りの持ち具合も良いです。

しかし、香水はアルコールなので髪には良くありません。

つけすぎには注意しましょう。食事のときも避けたほうがよいです。

香りもTPOをわきまえて。
posted by かおる at 21:22 | Comment(1) | TrackBack(0) | 香水の使い方
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。